海釣りメインの情報ブログ


by yua0ddx3yg
 12日午前7時10分ごろ、大阪市浪速区敷津東の阪神高速環状線で、男性運転手(25)が運転する4トントラックが道路をふさぐような形で横転した。男性運転手は軽傷。

 府警高速隊によると、現場は片側2車線の右カーブで、事故当時は小雨だった。

【関連記事】
トラック2台横転、白菜が散乱 練馬の外環道大泉JCT
山陽道7台絡む事故、5時間通行止め 広島
車内に一時男性閉じ込め 近畿道の多重事故
首都高の悲惨な事故 なぜ繰り返されるのか
横転トラックが理容店に突っ込む 運転手死亡、客ら3人けが 熊本

<JR内房線>線路わきの路盤が陥没 千葉(毎日新聞)
<日弁連>派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会(毎日新聞)
前兵庫知事「関空と神戸、合体を」 3空港で独自の提言(産経新聞)
たちあがれ日本 憂国の石原知事 「血が煮えたぎってる」(産経新聞)
<橋下知事>府の教育人事権移譲…5市町へ、教委廃止も視野(毎日新聞)
[PR]
# by yua0ddx3yg | 2010-04-12 16:52
 【北京時事】菅直人副総理兼財務相は3日、北京で記者団の取材に応じ、自民党の与謝野馨元財務相らが検討している新党との連携の可能性について「全く考えていない」と否定した。
 与謝野氏らが、新党結成の意向を表明した無所属の平沼赳夫元経済産業相との連携も視野に準備を進めていることに関して、菅氏は「与謝野氏の考え方は部分的にはわれわれ(民主党)に近いところもあるかもしれないが、どういう性格のもの(新党)をつくろうとしているのか全く見えない」と指摘した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<NHKオンデマンド>12年度に黒字化見込み (毎日新聞)
【風】現役世代、それぞれの思い(産経新聞)
普天間 「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相(毎日新聞)
<国立がんセンター>収納ミスを隠ぺい 職員15人を処分(毎日新聞)
<自殺>最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析(毎日新聞)
[PR]
# by yua0ddx3yg | 2010-04-07 11:28
 アテネ・北京両五輪の女子レスリング銀メダリスト、伊調千春さん(28)が4月から、故郷の青森県立八戸西高(八戸市)で保健体育教諭として教壇に立つことになった。30日に記者会見し、「教員としての仕事が最優先。生徒には一期一会の大切さ、最後の1秒まであきらめないことを教えたい」と抱負を語った。一方で「心の奥底にはロンドンがあります」と次の五輪への意欲ものぞかせた。

 伊調さんは中京女子大出身。2大会連続金メダルの妹馨さん(25)とともにレスリング姉妹として知られる。昨年実施の採用試験に合格し、今月23日に赴任先が決まった。【三股智子】

【関連ニュース】
レスリング:日本は3大会連続3位 女子国別対抗戦・W杯
レスリング:日本は3位決定戦へ 女子国別対抗戦のW杯
北京五輪:第9日(16日)の見どころ
五輪レスリング:伊調馨は「金」 浜口は「銅」
五輪レスリング:浜口「アテネより濃い銅」

座礁フェリー無惨な姿 船体バラバラ、撤去「6月末までに」(産経新聞)
<さい帯血バンク>各地から窮状訴える声 国に支援要請へ(毎日新聞)
G8外相会合「核なき世界」声明へ 平和利用呼びかけ(産経新聞)
介護従事者処遇状況調査の結果など報告―介護給付費分科会(医療介護CBニュース)
持参金480万円付きでも…ポスドク就職支援苦戦(読売新聞)
[PR]
# by yua0ddx3yg | 2010-04-02 13:55
 23区唯一の渓谷として年間約50万人が訪れる世田谷区の「等々力渓谷」で、東急大井町線等々力駅に近いゴルフ橋下の遊歩道と約500メートル下流の公園橋付近の2カ所に見学ポイントなどを紹介した案内板が設置された。

 設置したのは、30年以上も清掃などを続けている等々力渓谷保存会(大平喜重会長)。全長約1キロの渓谷をイラストで紹介し、湧水や地層が観察できる場所、トイレ、バス停などの情報を盛り込んだ。大平会長は「渓谷を美しい姿で残したい」と話している。

<郵政改革>連立の火種あらわ(毎日新聞)
ホワイトビーチ案は撤回を=社・国(時事通信)
東急田園都市線で人身事故、一部運転見合わせ(読売新聞)
強盗容疑で28歳男逮捕=290万円奪い6年逃走−警視庁(時事通信)
「建築界のノーベル賞」に妹島・西沢氏(読売新聞)
[PR]
# by yua0ddx3yg | 2010-03-31 04:12
 2001年に11人が死亡した兵庫県の明石歩道橋事故で、検察審査会の議決に基づき当時の明石署副署長を強制起訴する手続きを進めている指定弁護士3人が25日、遺族らと初めて面談した。
 面談は神戸市内で行われ、遺族7人と遺族側代理人3人が出席。榊和晄・元明石署副署長(63)が歩道橋の混雑度合いを認識できたことを立証するため、事故当日明石署に設置されていたテレビモニターの映像と無線の傍受状況を検証することなどを申し入れた。
 安原浩主任指定弁護士は面談後、「遺族が長い間大変な思いをされ、重い責任を負っていると強く感じた。起訴を急ぐようなことはしたくない」とコメント。遺族の下村誠治さん(51)は「われわれの気持ちを受け止めていただき、熱意も感じられほっとした。慌てずゆっくり捜査した上で起訴してもらいたい」と話した。 

<殺人未遂容疑>インスリン投与の看護師を再逮捕 京都(毎日新聞)
西日本各地で今年初の夏日 大分で29.3度、松山では27.5度 (産経新聞)
東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示(時事通信)
実力伯仲 若手作家35人 「VOCA展」 東京・上野の森美術館で開幕(産経新聞)
<バイオ燃料>アオコから高効率抽出…従来の70倍に成功(毎日新聞)
[PR]
# by yua0ddx3yg | 2010-03-27 23:47